>  > アロマエステでドライオーガズム

アロマエステでドライオーガズム

ぼくはこの前、渋谷のアロマエステで、今まで感じたことのないような体験をしました。それはある春の日のこと。ホテルに部屋をとり、アロマエステ店に電話をし、女性をお呼びしました。きれいな女性が来ました。年齢は20代後半でしょうか。色っぽい感じの顔立ちです。胸は大きく、腰は締まっていて、グラビアアイドルみたいな体形でした。さっそくシャワーを浴びて、ベッドでエステしてもらいます。きれいな女性に、単にさわられるだけでも相当な快感です。これはいいです。この快感に身をゆだねます。さて、そうしているうちに、彼女は手に器具を持ち、ぼくの肛門を責め始めました。はじまりました。前立腺マッサージというやつです。これは気持ちがいい。こんなに感じていいのかというほどの感覚です。しかし、気持ちいいというだけのものではなかったのです。ぼくは声をあげながら悶絶しました。ドライオーガズムの訪れです。何も考えられなくなります。気持ちいいとかいうレベルではありません。気絶するかと思いました。こういう風俗体験をさせてくれるアロマエステ、是非お試しを。

アロマで心も体も癒やされる

エステで癒やされたい。でも、単にマッサージだけではもの足りない。どうせなら、アロマオイルなどを使ってもらいたい。さらに、若い女の子にやってもらえるなら非常にうれしい。しかもそれが、エッチなことまでしてくれるのなら、何もいうことはない。そういうわけで、風俗エステの出番である。外に出たくないので、渋谷にある自宅に風俗嬢を派遣してもらった。モデルのようにすらっとして背の高い女性が来てくれた。当方は背が小さいので、バランスが悪い。しかし、背の高い女性には憧れるので、むしろうれしいことである。シャワーを浴びて、ベッドで施術してもらう。アロマオイルの香りが心をリラックスさせる。そして、オイルを体に塗る感覚が心地よい。このままでも十分に勃起するところである。だが、お楽しみはこれからだ。下半身マッサージが待っているのだ。彼女の手が、わたしの股間を優しく包み込む。オイルにまみれたその部分は、やがて白い液体にもまみれることになった。心と体の両方が、こうして癒やされたのだ。

[ 2016-05-20 ]

カテゴリ: 風俗体験談